知っておきたいこと

うつ病の症状は、初期だと気が付かないという人が多いです。その為、少しでもうつ病かも知れないと思った時はこの病気について知りましょう。そうすれば、どういった特徴のある病気なのか知れます。

» 詳細を確認する

頑張り過ぎない

うつ病が発症してしまった時は、一番大切なのは頑張り過ぎないことです。どうしてなのかといえば、この病気は本人が頑張りすぎたせいで発症してしまっているからです。ですから、症状を改善するには意識したほうがいいでしょう。

» 詳細を確認する

家族などの協力が必要

うつ病の症状で悩んでいる人は、本人だけでは改善できません。家族や友人、恋人が症状を改善できるように協力してあげることで、治療の効果などを実感できるようになります。

» 詳細を確認する
あきらめないで!

気になる症状

初期のうつ病の症状は、ただ元気がないとか、やる気がないと思われてしまいます。しかし、どういった症状が起こるのか知っておけばどうやって対処すればいいのか分かりますので、症状について知りましょう。

» 詳細を確認する

治療方法

うつ病の症状が起こった時は、どういった治療を行なうのか気になるでしょう。この病気は、主に薬物療法とカウンセリング療法のどちらかになります。これらは、担当医師の判断で進めることになりますので知っておいて下さい。

» 詳細を確認する

病気について知る

うつ病の人の観察ポイント

うつ病の症状には、様々なものがあります。そして、全ての人に共通して全ての症状が現れる訳ではありません。ある人には出現した症状が、他の人には出現しないということはよくあります。ですから、うつ病の患者さんと接する際には様々な変化を捉え、観察することが必要です。 一般的に多く現れる症状として有名なものは、不眠・食欲不振・気分の落ち込み・自殺念慮・自殺企図・強い自責感(自分の責任ではないことまで責任を感じて自分を責める)・無価値感(自分の存在が価値のあるものとして感じられない)などがあります。 しかし、これらは本人が黙っていると職場の同僚や友人などの周囲の人には気づきにくいものです。一番気づきやすいのは一緒に暮らしている家族ですので、何かおかしいと感じたら様子をよく見るようにします。

患者さんとの接し方について

うつ病の人と接する際に、安易な励ましは良くないということはよく知られています。実際に職場などでうつ病の人がいた場合、周囲の人は腫れものに触るように接してしまうことがあります。うつ病の患者さん自身も周囲の人にそのよう見られているということを、気にするものです。 もし職場復帰してきたうつ病の方がいた場合、基本的には今までと同じように普通に接することが一番です。職場復帰については、産業医・主治医・保健師・上司などが病状を見ながら進めていきます。 うつ病は一見よくなったように見えても、急に悪化することもある病気です。早く元通りになりたいと本人も焦るものですが、周囲も本人も疾患の特徴を理解し焦らないことが肝要です。

うつ症状を緩和させるための治療の平均的な価格について

現在では社会的な生活を送る中で、様々なストレスによりうつ症状を発症する人が大変多いです。人によってストレスに対する耐久度に差があるように、ある事柄が耐え難いストレスになることがあります。それによりうつ症状となって、通常の生活を送ることが困難になることがあります。 うつ症状を緩和させるための治療は、精神科や心療内科の医師による治療を受診することです。それらの受診費用は、通常の医院と同じで保険が適応されるため費用の3割を自己負担します。医院によりますが、精神科や心療内科を1カ月1度利用し、投薬を受ける平均的な費用は5千円程度です。しかし、投薬の量が多く必要であったり、診察回数が多ければ費用はそれ以上になります。また、カウンセリングは保険適応外なので、1回1万円程度必要となります。

それらの病気の特徴について

うつの症状の特徴としては、一概にいうことはできませんが、身体的な症状と精神的なものがあります。まず、身体的なものとしては、不眠や食欲不振、頭痛や耳鳴り、めまいや吐き気などがあります。また血便や血尿、発熱や嘔吐などもあります。精神的なものとしては、無気力感や自信の喪失、精神的な不安定さや自殺願望などがあります。全ての症状が起こるとうつ病と判断されるわけではなく、一部分でもそれらの症状があり、勤務や学業などの日常生活を送ることが困難であれば、そのように診断されます。 それらのうつ症状が緩和したり回復する期間は一定のものがあるわけではなく、1カ月から3カ月で症状が緩和されてくる人もいますし、10年以上も続いている人もいます。

治療金額は上昇傾向です

うつは、心の病気です。その症状は、気分が沈んだり、食事が取れなくなることから始まります。 うつ治療金額は、上昇傾向にあります。 具体的な治療方法は、精神療法や薬物療法です。とくに薬物療法が有効とされていて、向精神薬や睡眠薬が処方されます。近年、うつを訴える人が増加しています。それは、自覚症状のみではありません。うつを判断するガイドラインが発表されたためです。ゆえに、早期にその症状に気がついて治療を開始するようになりました。また、治療も長期間にわたるケースが多くなっています。それにともなって、うつの通院期間や服薬期間が長くなっています。 さらに、ほかの病気を併発することがあります。そうなると、さらなる治療が必要になります。 以上の点から、うつ病の治療金額は増加傾向にあります。